遥乃陽 novels

ちょっとだけ体験を入れたオリジナルの創作小説

人生は一回ぽっきり…。過ぎ去った時間は戻せない。

拘泥(私 高校二年生) 桜の匂い 第六章 弐

 石川県立武道館、今日はここで弓道の試合がある。

【次の日曜は石川県高等学校新人大会です。弓道部の部長になって初めての試合だから、暇(ひま)があっても、無くても一度、弓道の試合を見ようかなって気になったら来て下さい。必ず団体戦と個人戦の決勝まで勝ち残るから】

 週初めに届いたメールは、そう書かれていた。

(必ず団体と個人の決勝戦まで勝ち残るからだって……、うーっ、えらい自信じゃん!)

 そこまで言い切る自信が有るならと秋風に冬の気配が匂(にお)う中、これといった先約の用事も無いので観に来て遣(や)った。武道館は学校から徒歩十分ほどの近さに在って下校時の寄り道なら別に苦にならないけれど、日曜で休日の今日は登校と同じコースを態々(わざわざ)此処(ここ)まで来るのが億劫(おっくう)で厭々(いやいや)だ。だからファッションセンスに悩まなくて観戦ギャラリーへ紛(まぎ)れ込み易い学校指定の制服を着ている。それに個人の決勝戦が気になっていた。

(あのヘタレでスケベな奴が、自信を持つほど上手(うま)いわけないじゃん!)

 ちょっと着くのが遅(おそ)くなって既(すで)に下手(へた)っぴいな、あいつの試合は終わっているかなと思っていたけれど、驚(おどろ)いた事にあいつの学校は本当にトーナメントを勝ち進んでいた。着いた時は団体戦の準決勝で、丁度(ちょうど)あいつのチームが射位置に入るところだった。一チームは五人で、あいつの射順は殿(しんがり)だ。私は観戦者に紛れて隅(すみ)でそっと観る。

 前の四人の二人が的(まと)を外(はず)して、あいつの撃つ順番が来た。丁寧(ていねい)な仕種(しぐさ)で矢を弓に番(つが)え、それからゆっくりと弓を構(かま)えて的を狙(ねら)う。矢道脇(やみちわき)の観戦者達は誰(だれ)も声を出さずシンと静まり返り、あいつの一挙一動を見守るように応援している。衣擦(きぬず)れの音も聞こえない凛(りん)と張り詰(つ)めた静けさの中、ギシギシとあいつが弓を引く力強い音だけが響(ひび)く。

(引き絞(しぼ)る音が他の人と違う。とても強い弓みたい)

 初めて間近で見た弓道は、背筋をスーッと伸ばした射手がググッと胸を張りながら、キリキリと弓を引き絞る一連の流れるような動きが美しい。

(弓と矢と射手と滑(なめ)らかな動作の調和が綺麗(きれい)! 静の中の動……、そんなのって在(あ)るの?)

 落ち着いた真剣な顔付きで、あいつは的を見据(みす)える。

(んん?)

 あいつの唇(くちびる)が僅(わず)かに動く。あいつは引き絞った矢に息をゆっくり吐(は)き出しながら何かを呟(つぶや)いている。

 白い道着に黒袴(くろはかま)と白足袋(しろたび)を履(は)き踏ん張るように足を開いて、キラリと陽の光を煌(きらめ)かすメタリックシルバーの矢を、その長さ一杯に構え的を静かに見据えるあいつは、道場の床板から無垢(むく)に彫り出された彫像のようにどっしりとしていた。なんだかあいつが凛凛(りり)しく見えて、ちょっと格好良(かっこうよ)く思ってしまう。

(無口なあいつの中にも、こんなに激(はげ)しい闘志が在るんだ)

 あいつの弓の両端に明るいグリーンと淡(あわ)いピンクの色が帯状に入っている。良く見ると矢羽(やばね)や右手のグローブの帯にも同じ色のラインが入っていた。二色とも私のお気に入りの色だった。それに下端のラインには何やら丸いマークも蛍光の赤紫色で描(えが)かれている。

(なに、一人だけ目立とうとしてんのよ。そのグリーンとピンクの色、私の好きな色だから)

 弓を握(にぎ)る左手の親指と人差し指がピンと伸びて勇(いさ)ましい。その爪に晩秋の湿(しめ)っぽい陽射(ひざ)しが反射して、浜辺の桜貝のようにキラキラと光った。

(あいつぅ……、マニュキュア塗(ぬ)っているのと違うの? 何か呟いたりして、そんな事ばかりしているから昇段試験に落ちるんでしょう!)

 あいつの爪は綺麗に丸く切ってあった。それを見て私は反射的に自分の指を見てしまう。私の爪のコンプレックスは、まだ無くなっていない。

(……四角い爪の私……、まだ、爪は四角いままだ……)

 ビシュッ! あいつが矢を放つ音がして、シュン! 一瞬の飛翔音の後、バスン! 大きな音を立てて矢が的を貫(つらぬ)いた。その鏡のように風景が写り込んで半透明に見える矢は、的の真ん中に刺(さ)さっている。

(おおっ、あいつ、なかなか上手いじゃん!)

「シャッ!」

 観戦者達から一斉(いっせい)に声が上がった。

 『シャッ!』は放った矢が的に命中した時の掛け声らしい。間髪を入れず数人の女子が、声をハモらせてあいつにエールを送る。遅(おく)れてまた数人の女子が前の女の子達に負けじと大声であいつを応援した。エールを送るのは、あいつの高校以外の女子ばかりだ。他校の弓道部の女子もいれば、弓道部じゃなさそうな制服や私服の子もいて、耳障(みみざわ)りで蕩(とろ)けそうな黄色い声であいつを応援していた。

 エールを送り終えた子達は、楽しそうな笑顔を見合わせて小さく、『キャハハハ』と、笑いながら、『彼、こっち見たよ!』とか、『やっぱり、クールだよねぇー』なんて、小声で言い合っている。

(いやいや、全然こっちを見ていないって。あいつがクール? そうなのかあ?) 

 気持ちの中で彼女達にツッコミを入れながら、『ヘタレなあんたの、どこがクールなんだよ?』と、あいつに訊(き)いて遣りたいけれど、私は絶対に実行しないと思う。

 あいつはエールを送る女子達に一瞥(いちべつ)もくれず、次の矢を番えて的を睨(にら)んだ。

(ふぅ~ん。あいつってけっこうもてるんだ)

 微(かす)かに心が騒(さわ)ぐ……。

 観戦者達は的中(てきちゅう)の瞬間と射(しゃ)を終えた僅か数秒だけ、喜(よろこ)びや驚きや悲(かな)しみにどよめき、中(あた)ると歓声が上がり、応援のエールが送られ、外すと声を殺した悲鳴で嘆(なげ)く。低いささやきや小さなざわめきは直(す)ぐに消え、再び射手に顔を向けて微動もしない無言の見守るような応援をする。

 張り詰めた空気の中、近くに私の学校の女子を見付けたので傍(そば)に行って訊いてみた。射が一巡してもう直(じき)にあいつの撃つ順番だ。

「ねぇ、今から撃つ人って人気(にんき)が有るの?」

 ビシュッ、……シュンン…… バスッ! その時、あいつの放った矢が的を貫いた。

「シャッ! きゃっ、また真ん中! そうよ。彼、カッコイイでしょ。一年生の後半から彼、試合に出ているのだけど、ほとんど的に当てるのよ! しかも真ん中が多いの。的の中心の中白(なかしろ)とか正鵠(せいこく)っていう白丸のところばかり! すっごいよねぇー。彼だけが言葉通りに正鵠を射続けるんだ。どうしたらあんなに当てられるのかしら? 彼、年下だけど、私、憧(あこが)れちゃうわ」

 尋(たず)ねた女子は上級生の三年生で、一気にあいつの腕前を褒(ほ)めちぎった。今の時期、既に部活から離れて大学受験勉強の追い込みの中、弓道部の後輩達とあいつの応援をしに来ていた。

(あいつは、年上にも人気が有るんだ)

「彼の学校以外の女子や、弓道部じゃない女子にも人気が有るのよ。写メールで彼の写真が回っているからね。そんなに美形じゃないけれど、凛と張り詰めていいよね。八節(はっせつ)の形も素敵だし。それに無口で落ち着いて物静かよね。彼が射場で騒いでいたのを、見た事が無いわ」

(あいつが物静かで素敵ねぇ? 私だけにかも知んないけど、確(たし)かに無口だわ……。ちょっとキモイし、ストーカーっぽいし……。それにあいつが、弓道場で良く見えるのは、スキー場でのゲレンデ効果ってやつと同じでしょ!)

 イメージする『あいつの無口』に、朝の通学バスで無表情に私の座席の横に立ち、何も語り掛けてこないあいつを思い出してしまう。

「団体戦では最近、彼の学校は全然ダメね。でも、個人戦では彼、いつも二位か三位なの。でも優勝が無いの。彼、凄(すご)いのにね。聞いた話じゃ、個人戦の決勝で何か余計な事を考えるから外してしまうんだって。なに思っちゃうんだろうね?」

 三年生の先輩は、熱の籠(こ)もった瞳(ひとみ)であいつを見詰めながら話す。

(他の女子に訊いても、あいつの事を同じように言うのだろうな)

「彼女はいるのかな?」

 私は胸騒(むなさわ)ぎの核心を訊く。

「いないんじゃないの。何人もの女子が彼にレターしたみたいだけど、返事を貰(もら)ったって聞いた事がないなあ」

(レター……? 今時、メールじゃなくてレター? それって手紙なの?)

 随分(ずいぶん)とアナログで物質的な言い方に、靴箱の中へ置かれていた封筒を思い出した。今でも時々、出身中学が違う男子から告白の手紙を貰う。でも、それらは全(すべ)て誠意ある丁重(ていちょう)な御断(おことわ)りをしている。

(うわぁ、でも他校の女子が、あいつの高校まで行って、靴箱へレターして来るわけないじゃん!)

 普通は常識的にあいつの家へ送ったのだろうと思い直(なお)した。でも、分からない。行動的で熱狂的なファンの子がいるのかも知れない。

「それに、私も訊いたけれど、誰も彼のメアドを知らないのよ。あそこの弓道部でもほとんど誰も知らないそうよ」

 なんだか、ほっとする自分がいた。

 あいつに好きな子がいても付き合っていなければ彼女じゃないと思う。あいつが私に想いを寄せていても、別々の離れた高校へ通(かよ)う私達は放課後に出逢(であ)う事も、デートの約束をしていっしょに歩く事も無かった。直接、生(なま)ボイスでの会話やオフでの出会いを拒(こば)む私は、あいつの彼女じゃない。

「彼が女の子と歩いていたとは聞かないし、デートしたって子もいないしね。あなたもキュンとハートにきちゃった? 彼って最近なかなかいないタイプだよね」

 そう言うと三年生の先輩は、首を傾(かし)げて笑顔になった。

「いえ、ありがとうございました」

(あいつのメールアドレスは誰も知らないんだ)

 なぜか、気分の安らぐ自分がいる。

(そう……、彼女はいないの)

 今でも、あいつが私に好意を持っているのを、あいつから届くメールで知っている。あいつは、私とメル友以上の関係に発展しない事を承知しているはずだ。ヘタレな最初の告白を振(ふ)ってからも、しつこく私に恋慕(れんぼ)するあいつにメル友だけならとして四年、今だに私へ好意を持ち続けているとしても、中学生でのようすと弓道での人気ぶりから既にガールフレンドがいて、その子と楽しく遣っていても不思議(ふしぎ)じゃない。……そう、あいつは、好きな私とメル友で、レターをくれるガールフレンドとも宜(よろ)しく付き合っている、それくらいは器用にできる奴だと勝手に思い込んでいた。

 金石の町の小さな砂丘から見下(みお)ろした時のあいつの顔が浮(う)かんだ。

 睨む私を見上げて狼狽(うろた)え、戸惑(とまど)いの奇妙なセーフポーズで固まったまま、私のスカートの中を堂々と覗(のぞ)いていたあいつ。そんなスケベで厭らしいあいつが、他校の上級生の女子から熱く語られるほど、弓を引くと凛々しいくらいに格好良くて女子達に大人気だ。

 そのギャップが歯痒(はがゆ)くも不思議で、可笑(おか)しいような、嬉(うれ)しいような、それでいて、何か寂(さび)しくて悲しい変な気分だった。

(なんだか誇(ほこ)らしいかな。誰にも言えないけど自慢してもいいかな? あいつとメール交換しているって……。あいつの好きな相手は、……私だって)

 バスッ! 勢(いきお)い良く矢が的を射抜く大きな音に、誰かが合図をして観戦者全員を揃(そろ)わせているかと思うほど、鋭(するど)くハモった『シャッ!』の掛け声が矢道の大気を弾(はじ)いた。続けてお決まりのように間髪を入れず女子達が黄色い声援を連呼する。

 そわそわ嬉しそうに応援する女子達の後ろから垣間(かいま)見たあいつは、四本目の矢を弓に番えようとしている。あいつの瞳は矢と的以外をチラッとも見ようとしない。弓を引き矢を放ち的に当てる一連の動作に集中して、そこに完全に入り込んでいるあいつは真剣その物で、観戦者の姿や蕩けるような黄色いエールは、見えも、聞こえてもいないように思えた。

 その真剣なあいつの姿に、不覚にも私の胸が一瞬だけ締(し)め付けられてキュンと高鳴ってしまった。

(だめ……! これ以上、ここに居てはいけない……)

 背を屈(かが)め観戦者達を盾(たて)にして、あいつに気付かれない内に弓道場から離れる。途中、拍手と黄色いエールが背後から聞こえて、あいつが四本目の矢も的に命中させたのを知らされた。これで個人の決勝トーナメントに出られるのだろう。

 あいつの決勝トーナメントを見たいという思いに、帰ろうとする気勢を挫(くじ)かれて武道館の玄関前で足が止まった。

(応援するつもりなの? 私……。あいつは本当に強くて格好良かったじゃない。……見に行けば)

 武道館の左側に在る弓道場に大勢の観戦者が見え、そのざわめきも聞こえる。向こうの公園からも沢山の一般の方達が人垣を成(な)して見ていた。武道の試合らしからぬ女子の声援が通(とお)り掛かりの人達の気を引いたのだろう。

(私もあそこに並ぶの? でもいいの……、応援しなくても。あいつの応援団は大勢いるから、別に私がいてあげなくてもいいんだよ。……もう帰ろう)

 私はざわつく気持ちを抑(おさ)えながらバス停へと再び歩き出す。首筋と肩の後ろがモゾモゾ騒ぐのと、重い気持ちになるのが鬱陶(うっとう)しい。テンションをこれ以上落とさないように耳にイヤホンを掛け、携帯電話をポケットから出してメディアプレーヤーをオンにした。お気に入りのメロディー達は気持ちが苛(いら)つかないように留(とど)めただけで、私をすっきりさせてはくれない。

 傾(かたむ)きつつある太陽でビル影になったバス停に着くと程(ほど)なくしてバスが来た。乗り込むとビル影のマットな明るさと大型バス特有の閉鎖空間が私を落ち着かせて、乗車ドアを閉めて動き出したバスは、高揚が冷(さ)めて行く私を新たな明るい光の中へと連れ出してくれる。

 車窓から眩(まぶ)しく差し込む午後の光に、再びざわつきだした首筋を不快に感じながら、桜貝のように煌(きら)めいたあいつの爪を思い出した。

(これからは、爪を伸ばして丸く整(ととの)えよう。そして休みの日はマニュキュアを塗ってみよう)

 帰りのバスの中で、広げた両手の指先を陽光に翳(かざ)しても鈍(にぶ)く艶(つや)るだけの爪を眺(なが)めながら、そう思い付くと少し気持ちが晴れて軽くなった。

     *

【明日は学校行事で長距離を歩く。しんどいから歩きたくない。歩く意味理解不能! 強制で強行なんだぞ! 強歩(きょうほ)だよ! しかもタイトルに『祭り』が付くんだ。泣きたくなるフェステバルなんて、笑っちゃうわ。それに、歩行祭のスローガンは、『精神力』、『思い遣り』、『自己管理』で、意味不明。捻(ひね)りの無さは毎年同じだよ……】

『今年も長距離を歩く学校行事が行われる』と、短くも私なりの疑問と意義も添(そ)えてあいつへメールを送った。

【こっちは十キロメートルを走るのがあるよ。僕は部活のノリで遣っているけど、そうでない人らにゃキツイだろうな。真面目(まじめ)に遣んない人も多いし。あっ、僕も真面目に遣ってるわけじゃないよ。ただ自分のタイムに挑戦しているだけ。他に意味は無い。去年も、今年も学年で十位以内だぞ。これってスゲくねぇ? まぁ、そっちのただ歩くだけっちゅうのはキツイね。全然、笑えないね。泣きたくなるのは解る。同情するよ。学校行事だからバックパッカーのような自由さや、自分探しみたいなのも無さげだしね。それって意味有るん? 筋が通る理由付けのボイコットをしても、内申に影響するんだとしたら、最低最悪だな】

 去年は部活で金石の浜をゲベのヘタレで走っていたあいつから、走りの自慢に『よく参加するね』と、言わんばかりの非難めいた内容で返信が届いた。しかも、暫(しばら)くメールを送っていなかった所為(せい)なのか、親しい友達が普通に話しかけるように、とてもフレンドリーな文だ。

 これといった理由も無くメールを送りも、返しもしなかった私から、一か月半ぶりに着信したメールが嬉しいベリーハッピーなあいつのようすが読み取れたし、学校行事の長距離を歩きたくないブルーな気分に落ち込む私を気遣(きづか)ってくれてもいる。

(こいつ……、ノリノリじゃん)

 一年生の時に初めて体験しようとしていた長距離を無為に歩く、無慈悲な学校行事の『長距離歩行祭』の事を知らせると、あいつは信じられないと言わんばかりだった。

『高校生になったら、すっごい長距離をひたすら歩くだけの遠足ですか? 変なの? そんなのってないんじゃないの? そんなのが学校の伝統行事? その日は天気が悪そうだけれど、それでも決行されるのかな?』

 確かに、秋雨(あきさめ)のそぼ降る肌寒い休日に決行された去年の体験は、その延々とした遠い距離に楽しげな遠足気分で歩け通せるものじゃなかった。

 最後まで無理遣り雨の中を我慢して歩いたから、秋の雨天の寒さと冷たい秋雨に濡(ぬ)れて体温を奪(うば)われた身体(からだ)に治りの遅い風邪を引かせた。益々失(うしな)われる体力に拗(こじ)らせた風邪は更(さら)に高熱を伴(ともな)って、肺炎寸前の辛(つら)くて酷(ひど)い目に私を遭(あ)わせてくれた。

【明日の天気は好さそうだけど、体調を崩(くず)さないように気を付けて下さい】

 私の身体の心配もしている。……ちょっと嬉しい。

(あいつ、けっこうメル友らしくしてるじゃん)

 毎年、寒さを感じない初秋に行われて多少の雨でも決行されるはずの長距離歩行。それは羽咋(はくい)市の千里浜(ちりはま)から学校まで延々と四十二・五キロメートルも歩く学校行事だ。中学三年生でも二十三キロメートルを歩いたけれど、それは平日に行われる少しハードな遠足の距離として納得できていた。それが高校生になったら一気に倍の距離になり、しかも日曜日の朝から点呼をとられて始まる。

 他校では、歩行祭を強歩大会とか、強行遠足と言うらしい。全生徒は強制参加。無理を押し切って最期のゴールまで強引に歩き通させるから、強行で、強歩。

 全く理不尽この上も無い、祭りとか、大会とか、遠足とか、小賢(こざか)しい尾鰭(おひれ)の付いた学校都合のイベントだ!

 協調性の無い私にとっては、頭痛と吐き気が伴う苦痛以外の何物でもない!

 日頃、長距離なんて歩かないものだから、直ぐに靴擦(くつず)れで出来た踵(かかと)や足指の水膨(みずぶく)れが一週間以上も痛んで苦しませるし、ゴールしてから数日は筋肉痛に悩まされた。

 歩き疲れで矢鱈(やたら)と気分はハイになり、リストカットでもしたら、この理不尽(りふじん)な扱(あつか)いから解放されるかもって、思考が鈍った頭でマジに考えてしまいそう。精神的にも、肉体的にも、私にとって苦痛の極(きわ)みに過(す)ぎない学校行事だけど、翌日は代休になるのが救いだった。

 『精神力』、『思い遣り』、『自己管理』を個人個人、自主的に養(やしな)うのが目的だそうだ。雨天決行された昨年は、言われるままに面白半分で参加したけれど、歩き通しても辛さと苦しさだけのフラストレーションに全然面白く無くて、『なによ、これ!』って感じで大(おお)いに疑問を持った。

(大体、どうしてマラソンの距離なわけ? 戦いの勝利を告(つ)げて絶命したエウクレスの走った距離と歩行祭が、どう関係あんのよ! 後世(こうせい)の創作かも知れないエピソードなのに)

 せめて好きなオールディーズを聞きながら歩けば気が紛れたり、少しはモチベーションがアップすると思うかれど、危険を察知できないとか、指示が聞こえないとかで、ポータブルプレーヤーや携帯電話のミュージック機能の使用は禁止されてるから、屈折した思考と、ちょっとしかない気遣いと、自分に正直なだけの自己中な私にとっちゃ、ただ歩くだけなんて鬱陶しくて仕方が無い。

(まあ、関東の方では、夜通し七十キロメートルも歩く高校が在るそうだけど、それと比(くら)べりゃ、まだいいか。……いいわけないじゃないの! バッカじゃないの!)

 --------------------

 私は一人で歩いている。

(あいつが呆れて非難した、とんでもない学校行事に、ボイコットせずに歩いている私は、……間違いなくバカだ!)

 人と馴(な)れ合うのが嫌(きら)いな私に、誰も寄って来ないし声も掛けて行かない。態度や話し方で伝わるのだろう。一年生の二学期の初めには、いつの間(ま)にか私は避(さ)けられている感じになっていた。一人は嫌いじゃないし厭じゃない。それに、一人で歩くのは外部からの不要なフラストレーションを帯(お)びないから気楽だ。

(日傘を差して歩いても、ダメなのかな?)

 影に入りたいと思う。強くなってきた陽射しで日焼けをしないように、一人で歩く私の顔を隠すように日傘が欲しい。

(ただ、大勢の中の一人になるのが、厭なだけ)

 大勢の中に混ざる自分が厭。混ざる事に我慢する私が厭だ。何かにつけ大人達は体制の方向を一つにしようとする。挙句(あげく)に『伝統だ』、『決まり事だ』と言い出す。私は伝統も決まり事も大嫌いだ。過去に学び未来を創造する為には、方向や伝統に囚(とら)われていては駄目だ。伝統は現在と融合してより良く変化すべきだ。

 私は全然違うコースを歩きたい。

(向きを合わせるのは団体行動の原点? 団体行動をしなければ規律が生まれない? 育たない? そうかしら?)

 団体行動なんて短絡的な大人達の発想だ。混沌(こんとん)としたカオスにも調和が有り秩序(ちつじょ)と規律が生まれる。

(団体行動なんて大人達が造り出す、無理矢理歪(ひず)めた調和に過ぎない)

 先生達が言う、『みんな』や『全員』や『連帯責任』や『絆(きずな)』などの如何(いか)にも体裁(ていさい)の良い言葉を聞く度(たび)に、激しい反撥を感じて抗(あらが)いたい私がいた。ある程度の調和は必要だけど、全てを合わせなくても良いと思う。

 団体ではなくて個人個人の問題で、要は私個人のモチベーションを高めなければならないという事だ。

 それは決して、大人都合の圧し付けの不条理の強制で得られたり、与えられたりするモノじゃない!

 --------------------

 校舎の建つ丘の麓(ふもと)に着く頃には歩き疲れと嫌気(いやけ)で、私の気持ちは完全にだらけていて、このままバスに乗って家に帰りたくて仕様が無かった。未到着者になって行方不明になりたいと思う。

(早く帰って眠(ねむ)りたいよ……。お風呂にも入りたいし……)

 湯船に深く浸(つ)かり痛みとだるさを散らして、シャワーの打たせ湯も浴びて堅(かた)くなった身体を解(ほぐ)さないと眠れそうもない。

 目の前の遅刻坂を溜(た)め息を吐きつつベタ足で登り始めた私の左右を、幾人もが連れ立って追い越して行く。仲間を励(はげ)ましたり庇(かば)ったりしながら苦しそうに歩む十人くらいのグループが、ふら付きながら歩く私の左側を擦(す)り抜(ぬ)けるように登って行くと、今度は右側を、そんなに体力があるのなら既にゴールしてるだろうと思うほど、元気にはしゃぐ三人連れが、先に抜いて行った十人のグループをも足早に追い抜いて行った。

 毎日の登下校で歩く遅刻坂は思いのほか急(きゅう)で登り切るのに疲れてしまう。道幅は普通自動車が楽に擦れ違えるほど広くなくて、息を切らして歩く横をオートバイや自転車が危(あぶ)なっかしく通り、接触しないように注意していなければならない。さすがに歩行祭の今日は制限時間まで二輪の通行を禁止して歩行専用にしている。

 --------------------

 四月初旬、遅刻坂の両側に植え並ぶ太い枝ぶりの桜の大木が満開になり、大きな桜のトンネルを作る。その桜の坂道を通いたくてこの高校に入学した。花の香りや新緑の匂いを嗅(か)ぎながら弾(はず)む気持ちで歩いていたのも、暑さが日毎(ひごと)に増す初夏の頃には嫌気が差していた。

 熱帯のトリプルキャノピーみたいに頭上を覆(おお)う桜の葉は濃い日陰を作り、多少の涼(すず)しさを感じさせるけれど、朝から真夏の熱気で澱(よど)む大気に斜面の草木を戦(そよ)がす風も無く、三分の一も登らない内にバスの空調でひんやりと冷えた身体を汗(あせ)だくにしてくれた。それだけで一日中、脱力感に苛(さいな)まれてしまう。

 冬はスノーシューズやスノーブーツが欠かせない。平坦面が多い靴底で、路面を敷き詰める大粒の霰(あられ)や雹(ひょう)、薄く積もった新雪、踏み固められた圧雪、そして、氷山のように凍結した遅刻坂の上り下りは、とても滑(すべ)り易くなって簡単に転倒してしまうから大変危険だ。

 一度、地吹雪(じふぶき)の日の帰りに転(ころ)んで五メートル以上も滑り降りてしまい、捲れ上がったコートの裾(すそ)やスカートは、零下の強い風に舞い上がるパウダーな雪と共に翻(ひるがえ)り、大股で曝(さら)け出したブラックな秘密を登校する多くの生徒にマジマジと見られてしまって、とても恥ずかしい思いをした。

 --------------------

 そして、今は汗も冷え切り、ぐっしょりしたジャージを着て臭(くさ)くて埃(ほこり)っぽい姿の自分に、うんざりしながら登っている。

 なぜか不意にバス停に立つあいつの姿を思い出した。だらだらと遅刻坂を登っているのに、バスの中で私の傍にいるあいつの臭いと気配を感じた気がして、バスを降りた私を車窓越しに見ているあいつの顔が浮んだ。

 通りのバス停から教室までは意外と距離が有って、朝は特にこの遅刻坂で時間を食ってしまう。あいつが乗り込んで来るバスに乗り遅れて次のバスになると、この坂を駆(か)け上がらなければならない。坂の途中でヘタると必ず遅刻した。だから、心臓がバクついて口から出そうになっても、足がガクガクと震えても懸命に駆け登った。でも九割方、帰宅部で体力の無い私は、坂の途中に在るグラウンドを過ぎた辺りでへばってしまい、しっかりと遅刻している。

 坂を登り切ったゴール直前で、疲れ切って今にも思考の停止しそうな私の大脳が見せた遅刻坂の恥ずかしいフラッシュバックの後に、あいつを思い出しているのを不思議に思う。

(こんな体力の限界状態で、なんで、あいつなんか思い出しているのよ、私!)

 でも、私は解(わか)っていた。それは不思議でも何でもなくて、お風呂に入るよりも、眠りこけるよりも今の私の望みだった。あいつが傍に居て、ただ黙って見守ってくれているだけで私は、もっと頑張(がんば)れる気がしている。だけど、素直でなくて正直でもない私は、非実現的な望みを頑(かたく)なに否定して認めたくはない。

 のんびりと歩いた私は制限時間ギリギリでゴールした。歩き通しても疲れと痛みと虚(むな)しさしか感じなかった。達成感や充実感は無くて虚しさだけが残る。歩き終えた子達が、あちらこちらに集まって騒いでいたけれど、一過性の事にしか過ぎない。

 歩いて疲れた身体を休める為の安息日を挟(はさ)んで翌々日から授業が始まると、みんなは歩行祭の話題を全(まった)くと言っていいほど出さなくなった。相変(あいか)わらず私は歩行祭の意義を見い出せずにいたけれど、それを口にはしない。体感したのは忍耐と我慢。そして、一週間ほど続いた下半身の筋肉痛で、無意識の内に婆(ばあ)さん歩きで通学していた。

 --------------------

 忍耐や我慢は本当に美徳なのだろうか? それは養わなければならない事なのだろうか? 目的を持ちチャンスを窺(うかが)うのならば、達成する為の事柄の習得とそれを行う時期まで、自然と忍耐や我慢が必要になる。

 歩行祭で、それしか感じなかった忍耐や我慢は、四十二・五キロメートルを高校の在学中の三年間に、一年に一度、合計して三度、歩き通す事で養われるものだろうか?

 大学入試の迫る三年生では、受験勉強の佳境(かきょう)の最中(さなか)に行われる事になる。

 歩行祭前のブルーな気持ち、わざわざ安息日に開催され、歩行後に一週間も続く筋肉痛。来年は精神的にも、肉体的にも、受験勉強の妨害や障害にしかならないと私は思う。

 

 ---つづく